脱サラでデリヘル運営を考えている方へのメモ帳

脱サラでデリヘルの運営を考えている方に送る各種情報を公開しているサイトです。

*

自分で一旗上げたいとデリヘル運営を考えている方へ

自分で一旗上げたいとデリヘル運営を考えている方へ会社の歯車として地道にサラリーマンを続けていても数年先の将来が見えてしまい、自分でなんとか一旗上げて経営者になりたいと前向きな方は結構多いとは思います。

楽して誰でも確実な成功が保障されている訳ではない為に様々な業種のメリットやデメリットを模索している方の中で、風俗業界として小規模でも比較的簡単に独立して成功する確率が高いのが無店舗型のデリバリーヘルスです。

将来的な独立を考慮して何処かのデリヘル店にスタッフ募集を見て副業のアルバイトを問合せしてくる方も意外と多いのですが、送迎ドライバーだけをしても運営に必要な肝心な部分はわからないというのが現状かもしれません。

そして、同じ商圏エリアでのライバルとなる可能性は極めて危険な可能性もあるだけに、ノウハウを得る為にアルバイトをするならば店選びはかなり慎重になるしかありません。

デリヘルの開業を視野に入れたスタッフのバイト

デリヘルの開業を視野に入れたスタッフのバイト例えば勉強の為にどこかのデリヘルでスタッフの経験を積む事で、そこの風俗店で知り合い仲良くなった女の子がいたとします。

つまり、将来的にライバル店となり一つ間違えれば女の子の引き抜きと思われてしまう可能性がこれだけで十分あるのです。

逆に何も知らず思い込みの運営方法だけでサラリーマン時代の貯金を崩してまで無謀な賭けにでる方もいないですよね、ツテやコネが良い部分もあれば、それが後に致命的な問題にさえなる場合もあるだけに、自分の資金を投入する前に同業者の運営を見て、見習う点や改善点などをしっかり見極める必要があるのではないでしょうか。

そしてノウハウは全て伝授すると言われているフランチャイズのチェーン店だって数ヶ月で閉店になる恐れもあるだけに素人がデリヘルを開業するにはいくつものグレーゾーンが存在するのは間違いないのではないでしょうか。

デリヘルの開業は貴方にとって多額の資金を投入する事で人生の大きな転機となる可能性が大きいだけに慎重になって自分の目で様々な視点から塾考した上で始める必要性があるという事になります。

デリヘルを開業する地域の特性を考える

デリヘルを開業する地域の特性を考える知名度の高い繁華街では利用者も求人女性も集まり易い傾向にありますが、競合点が多いだけに水面下での足の引き釣り合いも十分考えられます、そして同業者が増える事で既に成功した風俗店からは目の上のたんこぶとも言えるのです。

開業を思案する地域の競合店だけではなく、お客様の利用特性も十分考慮しなければなりません、駅から徒歩圏内にラブホテルが存在するのか、自宅利用者がどれくらい見込まれるのかにもよって、待ち合わせに対応するのか完全送迎にするのかで必要なスタッフ人員やトラブルの対処方法も変わってくるでしょう。

営業時間も同様に、繁華街ならば何時まで営業してラストまで働いていた女性の帰りは自分で電車で帰宅できるのか、田舎ならば電車の都合などもありデリヘル嬢の自宅まで送迎しなければなりませんよね。

さらに利用客がどれだけ見込めるのかなども考慮して営業時間を一つ決めるだけでもスタッフや待機所、送迎など様々な問題に影響するのです。

デリヘルの新規オープンで一番重要なのはスタッフ

デリヘルの新規オープンで一番重要なのはスタッフデリヘルの新規オープンには女性を集める問題、お客様への知らせる広告費用、ローションなどの備品購入だけでなく待機所の設備問題など様々な問題がるのですが、成功する秘訣の一つがスタッフへの人任せをしないで自分で一通り対処する意志と決断と行動にあると言ってよいですね。

売上が安定しない分だけオーナー自らがお客様からの電話受付をしながら女性の送迎を行い、デリヘル嬢の細かなメンタルフォローや愚痴聞きなどまでこなすしかないのですが、体調や予期せぬトラブル対処の為にも信頼できるスタッフが1人は欲しいと願うものです。

そして営業を維持する為の必要最低限の運営費には固定維持費という支出があるのですが、そこで調整できるのがスタッフの人件費となります。

出勤した女性が少なければ出来る限り自分自身で全てを対応できれば純利として資金が残りますが、売り上げが安定しない状況においてスタッフへの給与は仕事の成果に関わらず支出してしまうので、この調整が一番問題になります。

あまりにも自分の都合ばかりでスタッフを必要な時だけと割り切ってしまえば、スタッフは毎月の給与面で不安定になるので長く勤める事も困難になるだけに、ある程度の給与は維持してあげないと辞めてしまったり、デリヘル嬢への愚痴すら可能性があるという事になります。

デリヘルの運営に困ったら仲間を信用しろ

デリヘルの運営に困ったら仲間を信用しろデリヘル店の運営は1人で全てを決めるのは大事ですが、避けるべき問題でもあり矛盾が生じるのです。

価格設定にしてもオプション料金の何割をお店の収益にするのか、送迎範囲や交通費の設定もどれくらいを妥当とするのかは、他店を参考にしただけでは不十分といえるでしょう。

遠方へデリヘル嬢を派遣してしまえば、送迎するスタッフは戻ってくれず現地付近での待機になります、近所だけをターゲットにすれな効率よく送迎はできますが、暇な時期や時間帯は売上にも響きます、多忙時に遠方から要望があった場合にどうやって断るのか、それが頻繁に利用する常連客だった場合なども含めて運営方針や一定のルールはスタッフと一緒に考えて決める方が後々上手く行くのです。

基本的ルールとケースバイケースをまずは考えておき、それを一案としてスタッフに持ちかけて自分では気がつかなかったデメリットを見つけて協力を仰ぎ、必要な場合はスタッフが状況把握していれば対応してくれるという感じがベストですね。

働くデリヘル嬢もオープン時は収入が安定しない分だけ、待機所で不足している物品や各種要望なども参考にする、前向きに協力してくれる風俗嬢は他の女性から贔屓と思われない範囲で、協力を仰ぎつつたまには食事などもご馳走して、君が居てくれて本当に助かったと伝える事で仲間意識や水面下で他のデリヘル嬢へのフォローも見込めるという具合に、仲間意識を持つには一方的なルールを押し付けるのではなく、必要に応じて協力してくれる仲間意識を持たせる事が重要になってくるのです。

デリヘルでライバル店の情報収集は的確に判断する事

デリヘルでライバル店の情報収集は的確に判断する事既に成功しているデリヘル店を見れば羨ましいと思うだけでなく、どうやって運営しているのかを研究していく必要が常にあるのです。

同一地域のデリヘル店は公式サイトを頻繁にチェック、どんなタイミングでイベントなどを行っているのか、人気嬢の写真の撮り方、効果的なコメント文章、写真修正の範囲、他店へ入店した新人女性がもしかしたら自分の店に在籍していた女性が移籍している可能性など細かいチェックは必須項目です。

デリヘルの競合他店などを調査する際に便利なのがデリヘル情報 デリノートを参考にしては如何でしょうか、短時間で知名度の高い競合店の新人やイベントなどもすぐに把握できるだけに、かなりお薦めできるツールかもしれませんね。

公開日:
最終更新日:2017/03/10